FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新ご機嫌アイテム リコーGR

軽量ながら本格的な撮影が楽しめるので、シグマのDPシリーズやミラーレス一眼を使ってきましたが、持ち歩くには、ストラップでぶら下げたり、バックが必要だったりして、残念ながら、まだ気軽に持ち出そうと思えるレベルには達していません。

X100Sを導入する時にも検討したのですが、その時はノーファインダーと換算28mmと言う広い画角でボツになったリコーGRのことが気になり始めました。

店頭で、実物を手にしたら、まずその小ささと軽さにビックリ・・・何とシャツの胸ポケットに収まってしまうのです!

懸念していた画角も、CMOSセンサーの中心部の情報のみを使用するクロップモードで、換算35mmと換算47mmの画角でのフレーミング撮影で標準画角もカバーできるようになっています。

背面液晶も明るく、屋外の日中の撮影も何とかなりそうな雰囲気なので、購入しました。

高感度撮影時のノイズの少なさは、フジフィルムのセンサー技術に敵いませんが、レンズも優秀、色作りも楽しめ、何と言っても、APS-Cサイズ・センサーでありながら胸ポケットに入れて持ち出せて、撮りたい時に撮れる「さりげない機動力」は、素晴らしい!なるほど、GRシリーズに根強いファンが多い訳です。

sCHANDELIER.jpg
プログラム・オート f3.5 1/50秒 ISO100 クロップモードなし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。